ガーダー鉄橋部のレール加工

2007/11/21

SANY0075small.JPG
30Rのガーダー橋の線路の道床を取り除きKATOフレキの枕木に付け替えました。
KATOのレールよりもTOMIXのレールのほうが少し太いので無加工の枕木にTOMIXのレールを差し込むことは困難極まりないないです。
そこで枕木についているレールを固定する爪のうち、内側を全部取り除きます。
こうすると差し込みやすくなりますし、レール幅9mmがキープ出来ます。