箱根登山レイアウト 線路敷設続き

2009/03/08

HT3-090308-2.JPG
信号場終端部の片持ち部の補強が終わりました。
アルミのアングル材を使っています。
その両サイドに1cm角材を貼り付けて横幅を拡張しました。
HT3-090308-3.JPG
この状態でレール上面から5cm以上あれば車両通過に支障はありません。
HT3-090308-1.JPG
防音材としてレールの下に敷くニードルパンチを切り出します。
現物あわせです。
HT3-090308-4.JPG
ニードルパンチは木工用ボンドで貼り付けます。
レールはまだ固定していません。
まちバリで仮止めしてあるだけです。
HT3-090308-5.JPG
30Rのガーダー橋部分はフレキシブル線路を使います。
二本のレールの長さ調整が大変です。
この後川となる部分のスタイロフォームとサブテレインは撤去します。
レール塗装もしなければなりません。
レイアウトを作ろう・再起動
ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ