大平台セクション 木を生やしはじめる

2010/08/01

os-20100801-1.jpg
今日は朝から神社の周りを進めて木を生やそうという計画でいました。
ところが物置を作っていないことに気がついた。
家型の物置の横に組立式の物置が2個あるのです。
ネットをウロウロするも都合の良い素材は見つからず、
結局CADで作図してペイントソフトで色付け。
タック紙に印刷したものを薄いプラシートに貼り付けて組み立てました。
os-20100801-2.jpg
神社に鳥居や灯篭、狛犬を設置しました。
あと手前の地形が寸足らずなのでパテを盛って成型。
os-20100801-3.jpg
所変わってホームのスロープのフェンスとそこから先に繋がるフェンスを
設置しました。
木を生やすんじゃないのか!!って聞こえてきそうですが続けます。
os-20100801-4.jpg
上りホームの背面に石積みプレートを取り付けました。
ホームの屋根がスロープの方まで伸びてます。
os-20100801-5.jpg
いよいよジオラマに命が吹き込まれます。
土と雑草と砂利が混ざった神社周りの地面。
ベースはモーリンの椎名林檎もといシーナリーサンドですので
茶色のパウダー、緑色のパウダー、KATOのバラストNファインを
写真を見ながら撒きました。
神社の手前は駐車スペースのせいかほとんど砂利で、神社周りや横の
物置周辺は土が露出していて雑草がところどころって感じです。
os-20100801-6.jpg
夏の箱根は緑豊かです。
ホームの背面の狭い敷地にも木が乱立し駅を覆い隠す勢いです。
まずは低めの木に見立ててクランプフォーリッジをホーム屋根と
石積み擁壁の間に詰め込みました。
まさに詰め込んだという表現が適切なんです。
配線を隠すために隙間に押し込んでますから・・・。
レイアウトを作ろう・再起動
ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
昨日発売の模型的アプローチをした江ノ電模「景」という雑誌。
これにちゃっかりと私が・・・・・。
江ノ電模「景」―鉄道模型で再現する情景と車輌 (NEKO MOOK 1531)