箱根レイアウト信号場のポイント交換(2)

2010/09/05

as02.jpg
さて、大工事をはじめましょう。
この信号場の4個のポイントを全部交換します。
as03.jpg
まず周りのバラストをドライバーでコリコリとほじくります。
as04.jpg
リューターに切断砥石を付けてレールを切断します。
当然ジョイナーも切れてしまいます。
as05.jpg
ここでだいちんさから借りた超音波小型カッター【USW-334】
の登場です。
as06.jpg
道床を切断します。
as07.jpg
ベリっと剥がします。
ソレノイドのコイルは流用するので壊さないように。
レイアウトに残る側の道床の切断面を超音波小型カッター
で整えます。
as08.jpg
先日組んでおいたポイントマシンをはめてみる。
良い感じ。
ソレノイドを復旧して動作テストをして問題なしでした。
レールをハンダで接合して、ヤスリで整えます。
実はこの作業が一番骨が折れる!!
as09.jpg
車両走行テストを行います。
問題ないようなのでバラストを撒きます。
ここだけ色が違うけど、これはこれで良い雰囲気です。
as10.jpg
ボンド水溶液にカラージェッソ、ローアンバーを混ぜてバラストに垂らします。
as11.jpg
剥がしたポイントを分解してみました。
二つの接点金具(画像中ほどの2本の細い金属)がスライドしてトングレール開通方向の
レールが繋がる仕組みなんですが、どうもここの接触が不確実だったみたいです。
こんな小さなスペースによく詰め込んだと関心しますが、
もう少し安定動作してくれるといいのに・・!
レイアウトを作ろう・再起動
ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村